フォローマティックを使ってフォロワーを増やすメリット

公開日:2012年10月17日

 

僕の中でフォローマティックでいいなと思った機能はいくつかあるのですが、その中の1つは、ある程度属性を絞ることができる機能です。

 

属性を絞ることによって、自分が求めているフォロワーを増やすことができるので、より拡散(RT)を狙いやすくなりますし、そうなればフォロワーもさらに増やすことができます。

 

では、なぜツイッターでフォロワーを増やす必要があるのか?

 

今回はこのフォロワーを増やすことでのメリットについてお話していこうと思います。

 

 

ただフォロワーが増えればいいと思っていませんか?

フォロワーを増やす前に、何のためにフォロワーを増やすのかを考えたことはありますか?

 

ツイッターを使えば集客できるから、稼げるから取り入れてみようと思っている人が多いと思いますが、うまく活用するためには何のためにに使うのかをあらかじめ考えておくことが大切です。

 

どうしてかというと、例えばブログにアクセスを集めるためであったら、そのブログのジャンルに興味のある人(フォロワー)を集めることが重要です。

 

稼ぐ系のブログにアクセスを集めるためにツイッターを活用しようとしているのに、適当に学生であったり稼ぐことに興味のない人がフォロワーになってくれたとしても、それはあまり意味が無いことですよね?

 

このように、どうしてツイッターを使うのか?をまず考えることが大切で、それを考えたらどういうフォロワーを増やしていけばいいのかが見えてきます。

 

何でもかんでもフォロワーを集めればいいというわけではなくて、その目的にあったフォロワーを集めることが重要なのです。

 

 

フォローマティックは属性を絞りフォローしていく

まず第一にフォローマティックを使ってフォロワーを増やすメリットは時間短縮です。

 

手動でフォローする相手を探して、フォローして、という作業を繰り返していたら、あっという間に1日なんて終わってしまうでしょう。例え1フォローするのに3分で済んだとしても、20フォローするのに1時間かかるわけです。

 

だからこそ、時間短縮するためにそういう作業はツールに任せるべきなのです。

 

フォローマティックを使えば、ツールを起動させて、スタートボタンをクリックすれば、あとは自動でフォローして、フォロー返しがないアカウントはリムーブしてくれます。

 

フォローマティックを使えば、例え1日100フォローするにしても自分の作業は10秒程度で済みますよね。

 

 

次に、はじめでも話しましたが、フォローマティックを使えば属性を絞ることができます。

 

例えば、まずフォロワーを集めるために面白いつぶやきをするbotを作ったとして、どういう人ならRTしてくれるか、フォローしてくれるかを考え、フォローする属性を学生に決めたとします。

 

そしたら下記のように属性の部分に“学生”と入力すると、学生に関連するアカウントを自動で選択してくれます。

 

では、一度自動で選択してくれたアカウント(一番上のtinclehoi)を見てみましょう。

 

就活生に知られたくないっ!というアカウントで、そのフォロワーを見てみると大学生や高校生が多そうでした。

 

フォローマティックはこのように入力した属性のアカウントを自動で見つけ出してきて、そのアカウントのフォロワーを自動でフォローしてくれます。

 

属性を決めてフォローさせていくことで、狙った属性を集めることができますし、狙って拡散を起こさせることができるようになります。

 

だからこそ、フォローマティックでフォロワーを集めるべきなのです。

 

 

まとめ

しっかりと狙った属性のフォロワーを集めることができれば、あとはつぶやき方やプロフィールによって、自分の思い描いたとおりにツイッターを使うことができるようになります。

 

ブログに一瞬で数千アクセスを集めるのも、メルマガ読者を集めるのも、またはツイッター単体で稼ぐことだってできるようになるでしょう。

 

それに、フォローマティックを使えば、それをきっかけに毎日自動で大量のフォロワーを集めることだってできます。

 

先程も言いましたが、狙った属性のフォロワーを集めることができれば、なんでもできるようになりますよね?

 

そのためにも、しっかりと考えた上でフォローしていくべきですし、ツイッターを使っていくといいですよ。

お読みいただきありがとうございます!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
もし、役に立ったのであれば、はてブ、いいね、ツイートで
情報をシェアしていただけるとすごく嬉しいです。


この記事と似ている記事はこちら

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ